私がグローバルな人生を選んだ理由

「なぜ今の日本の若者は、外に出ていかないのでしょうか?」

ある講演会で、参加者の方にこう問われた事があります。そこから、自分自身の経験をお話する機会に恵まれました。なぜ私は、このように、世界を転々とする人生を選んだのか。

将来、日本の市場は小さくなるから、海外経験がなければ仕事がなくなる。私の答えは、こうした一般の論調とは異なります。理由は単純で、「すごく楽しかったから」です。原体験は、大学時代のアメリカ交換留学。アジア人同士で固まることに危機感を覚えた私は、グループから逃れ、国際留学生のサークルに顔を出すようになりました。タイ人、ロシア人、アメリカ人、ドイツ人など文字通り世界中の学生達とキャンプファイアーを囲むことや、日本食を喜んでもらえることが、凄く楽しかったのです。

危機感や外部からのプレッシャーではなく、「快」がベースになった動機は長続きするし、末広がりに人の輪が広がる。また、時に競争は避けられない現場で、その人を強く保つ力になると思います。