海外の会議で発言のプレゼンスを増すためのヒント集 (グローバル人材再考)

海外でしかも英語の会議に、突然出なければならなくなった時、あなたならどうするでしょうか。例えば、しまった、英語を話さなければならない、と英会話学校の特別レッスンを予約しその日に備えること。これらは本当に、有効な対応といえるかどうか。ここには場数を多く経験した人間だけが実地で体得するコツのようなものが、どうしてもあるように思います。これまで公式/非公式双方を含め、数百の会議を海外でこなし、自分自身の多くの失敗から幾つかの学びを得ました。また公式な国際会議では日本人の犯しやすい過ちも目にしてきました。その過程で学んだものの幾つかを、今回はご紹介します。海外の会議で、日本人が発言の存在感を増すためのヒント集。以下、英語発言のタイミング話の流れの筋の付け方共感度、そして知識に裏打ちされた自信の5項目です。文中で貼られたリンクは、英会話上達の秘訣非言語コミュニケーションの二つです。

最初に、英語について。まず、私達日本人にとっての出発点は、英語を上手に操らなければならないという焦りや迷いをしっかり放棄することにあると思います。最終的に大切なのは、発音や言い回しではなく、やはり発言を通じて相手に伝えたいコンテンツのみ。しかも書面でなく口頭でコミュニケーションを取りあう場合、相手に伝えられる内容数は、三点程度と非常に限られるとその道のプロは言います。それならばこれを如何に効率良く伝えるかに、エネルギーを費やした方がやはり効果的。外に出てみると、他者には驚くほど理解困難な英語を、自信満々で操ってくる各国の人々が多くいます。その英語とダミ声の大きさ、そして発言内容のユニークさに、裏で名物代表と呼ばれている人もいる(声だけで本人とわかる)。その怒濤と言えなくもない個性群の中でもしっかり光るために、言葉はあくまで手段、と会議に望む前から割り切ることはプラスかもしれません。本当に、英語は結局、手段に過ぎない。

 

次にタイミングについて。相手に印象を残す方法として、一番最初に発言すること、または一番最後に発言することがあるかもしれません。どの国の誰もが、最初は相手がどう出るかを見計らってから自分の発言をしようと考えている。ですので、一番最初は常に一瞬の不思議な間が出来ます。勇気が要るがここですっと手を挙げると、かなり後々まで人々の記憶に残りやすい。また十分に議論が出つくした後、再度一瞬出来た間に、自分の意見を述べるのも、各国の代表者が時々やることの一つ。過去の様々な会議を振り返ってみて、今でも覚えている発言者の殆どは、一番最初か最後に堂々と発言していました。

 

また議論の流れについて。議論中、どうしてもその後の流れに影響を与える人が出てくる。観察をしていて、ある時、一つの共通パターンに気が付きました。彼らは、いつも自分の立場に近い他者の発言を発言者に言及しながら論点を上手に要約し、自分の意見をそれに乗せて発信していた。非言語コミュニケーションの部分でも触れましたが、発言者に言及する際の、アイコンタクトはここでは必須。アイコンタクトと共に、一瞬間を置いてみると、一体何が起こったかと会場の視線が集中するかもしれません。要約には知性が、場の間を操ることは感性が要る。与えられた此れらを総動員して、議論の流れを自分で生み出す発言者は、やはり存在すると思いました。

 

そして、共に感じる心について。会議に退屈は付き物で、誰もが延々と続く議論に嫌気がさしてくることが時々というか、良くある。やはり、発言の中で垣間見られる、上手に空気をつかんだ知的なユーモアは相手を和ませ、好感度をあげると思います。また、公式な会議で、参加国の中で自然災害や大きな事故が前日(直近のみに限る)にあった場合、発言の冒頭にその国に対するお悔やみを述べるのも、百戦錬磨の代表に見られる行動の一つかもしれません。人間の集まりは生ものなので、生ものなりに時機をしっかり見極めること。

 

最後に、知識に裏打ちされた自信について。やはり最後は、その議論の内容に精通することによって得られる自信だと思います。前述の名物代表も、見識があるからこそ、ダミ声でも名物代表。これが結局一番の近道に思えてなりません。その分野の文献を、延々と英語で読み込むこと。英会話能力を磨く項で述べましたが、ここに日本語は介在させない。最初は疲れはてて途方に暮れますが(私は永遠に暮れた)、結局その効果は後から考えれば無視できないもの、と思います。

maiko-tajima.jimdo.com Blog Feed

新刊『価値観を超える仕事術』いよいよ発売です (木, 22 12月 2016)
>> 続きを読む

選び・選ばれることに疲れた時 (金, 16 12月 2016)
>> 続きを読む