グローバルな人間とはどのような人のことを言うのでしょうか

グローバルという言葉が、新聞・雑誌・書籍・インターネットの文章を飾るようになって久しい。企業の求めるグローバルな人材とは、グローバルなキャリアを実現するためには、こうした方法論も多く提言され、多くの人がグローバルに生きる道を模索しているようにも思えます。

 

でも「グローバルな人間」の意味するところは何であるかという点になると、明確な定義はなく、それぞれがそれぞれに意図した人間像を描いている様に見えます。ある文脈では、グローバルな人材は欧米式の思考方法とコミュニケーション能力をもつ人材として捉えられ、また別の機会においては単に英語を操ることの出来る人間とほぼ同義語として扱われます。

 

辞書で調べてみると、グローバルという言葉は「世界的な規模である様」を指すといいます(デジタル大辞泉)。確かに言われてみればその通りですが、これは抽象度が高く、これを元にどのような人間像をもってグローバルであるかを導きだすことは難しいでしょう。

 

グローバルという言葉から多くの人々が連想するであろう、英語力やプレゼンテーション能力も含めたコミュニケーション技術というのは、確かに日本という国の枠組みを超えて活動するためには必要不可欠です。でもこれのみでは、世界規模で活動する人間像を伝えきったとはいえません。

 

技術に加えて、私はまず目的が大切であるように思います。つまり、何のためのグローバルなのであるかという点です。そこには、一国、一企業の枠組みを超えて、より大きな共通のバランスのために働く気持ちがあってもいいのではないか。私利益を追求するあまりに、植林計画もなく他国の山林をまるまる伐採してしまう企業や、一部の投機的投資によって一国の経済すらも傾きかかる現実が事実としてある今、この側面は大切であるかもしれないと思います。

 

また長年海外に暮らしてきて思うことは、私はどんなにその国の言葉や文化を学んだとしても、その国の人にはなれないという事実でした。私はどこに行っても、まず「日本人」として見られたのです。そこから、自分の国にしっかりとプライドを持ち、そこに依って立つことで彼等からの信頼を勝ちうることが出来ることを実地の経験から学びました。

 

日本に暮らしていると、海外=欧米という式がなりたちやすいと思います。経済誌によるグローバルな人材特集の記事も、欧米式の思考方法を如何に体得するかに紙面がさかれているでしょう。確かに、現在の経済社会のグローバルスタンダードは、欧米から発信されていることは、明白の事実です。でも、欧米のみがこの世界を構成しているとしたらその認識は危ういかもしれません。未来には他の地域勢力も、政治経済の舞台に台頭するはずであることを考えれば、国際派とは欧米の社会形態を理解し自分のものとして生きることのできる者という認識は危ういのではないでしょうか。

 

以上の認識に基づいて、私はグローバルな人間とは、「自分の出身国にバランスの取れたプライドと見識を持ち、他国の社会文化に興味を持ち、様々な出身の人々と対等にコミュニケーションを取りながら、共通の地球未来のために働くことのできる人間」と考えます。次章では、その一つ一つの要素について掘り下げて考えていきたいと思います。